動物病院でもやもや

くりんの乳歯遺残の件で、経過を診てもらうために動物病院へ。
犬歯の永久歯、1週間前に比べて明らかに成長している(私でもわかる)。
このままだと、正しい位置にならない、これもわかる。

crin_20150908

乳歯遺残は多いらしいけど・・・。

・・・ただ、なんだか色々もやもやする。

まず、病院と提携している動物歯科専門の先生に何が何でも見てもらわなければならないと。
まあそれはいいとして、ただ、この先生、大変に多忙で(今海外)、いつ予約が取れるかも不明、いつ手術できるかも不明。

断片的なヒントからネットで調べたら、かなり動物歯科の権威的先生らしいけど、そんなことはどうでもよくって、私たち飼い主にとって、大事なのはくりんのための最善の方法かどうか。
こちらには、どうしてもその先生に診てもらわなければならない理由なんてひとつもない。
その権威の先生でないと治療困難というような難しい症状ならともかく、乳歯遺残なんて珍しくもなんともないのでは?
しかも、この歯科の先生が経営するクリニックに行けと言うが、そこは結構遠いぞ・・・。

そもそも「乳歯の治療はタイミングが大事」「早く処置する必要がある」とかいいながら、
「いつ予約が取れるかわからないけど診てもらえた時点でできる処置は何かしらありますから」って矛盾してませんか~?
「矯正できるタイミングを逃しても歯を削ればいいですから」って、削るのは避けたほうがよいので、高くついても矯正したほうがいいって話だったんじゃないの~?
なんか説明自体も回りくどいし、同じことばっかり繰り返すし、解りづらいこと極まりない。

「予約取れないかもしれないけど、すぐ手術になる可能性もあるので、術前検査だけはしておきましょう」
「18,000円くらいかかります」(実際には22,032円だった)
・・・というので、流れでお願いしたけど、待合室で待ってる間に、ネット検索でチェック。
どうやら相場からみて高すぎるようだ。

で、術前検査の結果的には問題なかったんだけど、
「それって、いつくらいまで有効な結果なんですか?」と聞いたら
「一週間程度ですね」って・・・ヲイ!それいまする必要あったのか~??!!

そして、術前検査の結果が出てからも、検査する前と同じ説明がループ。
だめだこりゃ、ということで、セカンドオピニオン決定(たぶん転院)。
せめて、ということで、検査結果は、しっかりデータで頂いて来ました。

くりん、相当怖い思いをしたらしく、処置室から戻ってきたら、ものすごい不安そうな顔で、心臓ドキドキ、しばらく震えが止まりませんでした。
処置の様子が全くわからない(見せない)っていうのも、なんだかな~。
おうちに帰ってからも、だいぶぐったりな様子。

<余談>
このもやもやした感じ、どこかで経験したことがあるぞ・・・?
と、この日は、飼い主のほうも歯の治療があり、歯科医院へ・・・。
そこで「ハッ!」と思い出した。

私が以前、歯が痛くて治療のため歯科医院に行ったとき、なんだかんだと理由をつけて、
虫歯を放置で、自費のお金のかかる処置をくりかえす歯医者さんに遭遇してしまい、
余りにひどいので、途中で逃亡(転院)したことがある。
病院の雰囲気も、説明の回りくどさも、一つの方法の押し付けも、割高な治療費も、その時の感じにそっくり!

何しろ、そこは、歯のクリーニングだけで、上下左右と4回に分けて、毎回麻酔(しかも注射痛い)=高い。
今のところは、歯のクリーニングなら麻酔なし、1回で全部おわる、=安い。(麻酔する場合も注射痛くない)
余りに差が歴然で笑ってしまうレベル。病院選びは大事だね~。はぁ。

動物病院の本当のところ
林 文明
大誠社
売り上げランキング: 173,415

Leave a Reply