ピンポンクレートの練習

新しく購入した2つ目のクレートを使って、
ピンポンで啼かないための練習をしています。

関連記事:新しいクレート

具体的には、ピンポ~ンで、クレートに入る、という練習です。

前回の出張トリミングの際、オプションでトレーニングのための
カウンセリングもお願いしていて、方法を教わりました。

crin-2060213-1

とりあえずクレートは大好き。

我が家の場合、すでに別なクレートを「クレート」のコマンドで教えていたため、
新しいクレートは「キャリー」のコマンドで入るように練習しました。

・・・といっても、くりんは超食いしん坊なので、
オヤツがもらえるクレートトレーニングは大好き。

指示しなくても勝手に入って、
「オヤツほちいの」という顔をしたりしています。

crin-2060213-2

2つ目のクレートはキッチンに。

ピンポ~ン!で興奮MAXになってしまうワンちゃんは、
ピンポ~ンでも興奮しないで居られる練習が必要。

特に、くりんのような小型犬の場合、わんちゃんの寿命が延びたこともあり、
シニアになると心臓病のリスクが高まるので、興奮しすぎて心臓に負担をかけないよう、
できるだけ穏やかに過ごすのは、長生きのためにも大事のようです!

さて、くりんの現状ですが、ピンポンでちゃんと入れるときもあれば、
興奮しすぎてコマンドが効かないこともありますが、クレートに入りさえすれば、
比較的落ち着いていられることが増えてきた感じが見られます。

この練習は、すぐに出来るようになるのは難しいということですので、
地道に頑張りますよ!

Leave a Reply